トレーニングがダントツに安い!

説明も分かりやすく良いですよ。目からウロコ!とはこの事!こんな計算式があったのか〜〜〜と頭の中がスッキリする感じ大!数学は好きだけど!計算がちょっと苦手・・・という方!算数が嫌い!という方!お勧めです!色々ある中から選んでみましたが!解説から例題そしてドリル・・・と進んでいくので!お忙しい方には!例題だけを勧めていくのもいいかも・・・二桁の足し算など!覚えると計算機なしで!計算してみたくなります。小学生くらいのお子さんも柔軟な発想を身につけるのにこういったものを解いてみるとためになるかもしれません。

コチラです!

2017年04月30日 ランキング上位商品↑

トレーニングインド式計算ドリル 九九を卒業した人みんなに贈る魔法の計算トレーニング [ 中村亨 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

算数大好きの息子はかなり興味津々に読んでいます。子供にも「お勉強しよーっと」と言ってドリルをする姿を見せることができ、親を真似たい子供心を刺激できるのでちょうどいいです。目からうろこです。インド式計算は聞いたことは有ったのですが、どんな感じか、わからなかったのですがある意味新しい計算法で、なるほど。。もともとの能力が一緒でもちょっとしたコツを加えるだけで計算力に差が出ます。かけ算・割り算も楽しみです。”目からうろこ”ってこんな感じ! ウェブで紹介されていたのをみて今更足し算や引き算なんてと思いながらも、話の種にと思い買ってみたけど・・・・ ちょっとした工夫で計算が速くできたりすると「やった!」なんて嬉しくなってしまう本です。ただし簡単な分すぐに理解できますので!物足りなさを感じるのはしかたがない事ですね!そろばん塾が少なくなった現代には助かる本です。途中で大人が取り上げて楽しんでいました。こういうやり方もあるのか〜と感心させられます。学校で習う四則計算の方法だけでなくこんなやりかたがあるのかと解いてて楽しくなりました。2桁のたしざんから始まり3桁たしざん・ひきざん・かけざんと完全にマスターしてから次に意向する記載のしかたは好感がもてます。ただし、なぜこうなるのかという部分を理解できないと本当に身についたとは言えないと思うので、しっかりと学校で習うような計算を解けるようになってからこんなものもあるんだよと薦めてみるといいと思います。と思われ!頭を柔らかくし面白くていい脳への刺激となる本でした。当方、「インド式計算」という名前は知りませんでしたが、インド式計算術、何故か知っていました(どこかで教わったのだと思うのですが...)。簡単な例をあげると16×25を4×4×25と分解することによって解きやすくするといったものです。四十代ですが!そろそろ脳トレしたほうがいいと思い!何にしようかと探していて初めは大人の計算のようなものにしようかと思っていたのですがレビューで!対象が異なるようなのでやめてふと!目に留まったこの本を購入しました。テレビで見て!面白そうだったので買ってみました。 ちょっとした豆知識も得られたりと、これは確実にハマります。確かに慣れれば計算が速くなると思います。びっくりしていました、面白いですね。何より字が大きく記載してあり例題・説明が多く子供さんやお年寄りにもやさしい書籍です。簡単なところはすぐに身につくので実践に即使えますが!難しいところは!それなり数をこなさないと身につきません。今現在、九九すら知らなくても生きていける(実際使っていないから部分的に忘れてしまってるんだし)ので自分のためではありませんが、脳トレのつもりでドリルしてます。ただ元祖だから良いとは限りませんが、書店で斜め読みして、他の本と較べても子供が取っ付きやすそうな本がこれであったので購入しました。しかしやってみると九九も怪しく九九からお勉強しなおしました。その「インド式計算」ブームの元祖とされる本がこの本です。将来子供にテクニックをアドバイスできたら、頭の柔らかいうちにインド式が身についていいんじゃないかなぁと買ってみました。 そこのあなたも一冊どうぞ!御勧めです。こんな発想で計算するなんて考えもしてなかったので「なるほど〜」と関心しながらお勉強中の33歳です。インド人も、いやもとい日本人もビックリ!です。実際面白かったです。これはおもしろい。目から鱗とまではいきませんが、それなりに楽しめます。練習問題も小5の息子とやりましたが!この方法だと!私のほうが早く解けたのがすごくうれしかった。かけ算やわり算に関しては発想の転換というか、いわれてみればなるほど!と思うようなものがありました。私は、途中で飽きしまいましたが・・・本当に他のレビューにあるとおり、ちょこっとテレビで紹介しているのを見て「こんな計算法が?」と絶句したのですが、以前ニュース番組で、インドの人は日本人のほとんどが九九を言える様に、2桁の九九をいえるという話を報道していてそれでIT大国になったのか〜と納得したものでしたが、それにはこんなメソッドがしっかり支えていたんですね。インド式計算書籍としては1番簡単で!やさしい書籍です。まだ!足し算・引き算までしか読んでいませんが!かなり面白いです。最初は簡単ですが!桁数が増えると難しい計算もあります。引き算になると息子は普通に計算した方が早いと言ってましたが、やりかたを理解すればきっと早くなると思います。2冊セットで送料無料の1500円越えになるのでセット購入がお勧めです。こんなやり方があるんだと思いました。ちなみに、「インド式計算ドリル」が基礎学習で、「インド式計算ドリル練習帳」が、本来のドリル、練習帳、応用になります。これなら算数の苦手な娘にも興味を持ってもらえるかな?と思います。あたまに電卓があるようです。やってると楽しくなる商品です。これは優れモノです。前にテレビでやっていたのが気になっていて!どんなものかなと興味があったので!ポイント消化に買ってみました。